最近の青汁はおいしいです(女性/50代)

女性

青汁はその昔「苦くてまずい」というイメージがありましたが、最近の青汁はおいしいです。種類も豊富で、最近はケールや明日葉、大麦若葉、クマザサなどが主流です。私の青汁を飲もうと思ったきっかけは、便秘に効くということでした。

 

それで選んだのは「あなたもどっさり」とかいうキャッチコピーに誘われてクマザサの青汁にトライ。私の場合、すぐには効果がわかりませんでしたが、1箱終了するころにはいつの間にか毎日出てました。天然野草のクマザサは食物繊維がほかの大麦若葉やケールの青汁より豊富ということで、私にはあっていてすっきりしたことでおなかも少しへこんでダイエット効果も。

 

そんな私をみて、主人も飲みたいと・・・そういわれると野菜不足の子供にも飲ませたい。ということで、家族で飲みたいということになると気になるのが、価格。3人分ともなると、少しでもお安くて効果の期待できる安全なものを。また、味に関してですが、私は少しくらいクセがあっても割となんでも飲めてしまうほうですが、子供がやはりクセのない飲みやすいものでないと飲んでくれない

 

そういうことを考えて選んだのは「乳酸菌の入った大麦若葉の青汁」

 

コストと、家族が個々に毎朝継続して飲めるように、さっと水の溶けやすいものに決めました。私と子供はコップ1杯の水の溶かして毎朝飲んでますが、主人は牛乳に溶かして飲んでます。牛乳にもサッと溶けているようです。一般的に、昔「まずい」と言われていた時代の青汁はケールが主流で大変クセがありました。

 

「最近の青汁はおいしい」と言われるのは、原材料の種類が多くなってきたためで、一般的に大まかにいうとケールは苦くてクセがある。明日葉はクセがなくて飲みやすい。大麦若葉やクマザサは若干のクセがあるといわれています。何回も言ってますが、最近はいろいろな種類の青汁が出てますので、それぞれの目的や好みに合わせて選んでみるのがよいかと思われます。

 

我が家は、当分はこの「乳酸菌が入った青汁」でいきますが、一つ気になっているものがあって、それは「ユーグレナ」というミドリムシの入った青汁で、ちょっと試してみたいと思ってます。

偏りがちな栄養バランスを補える

女性

青汁、我が家では旦那が飲んでいます。健康の為にと自分から進んで飲んでいますよ!そんな、青汁を毎日かかさず飲んでいる旦那なんですが・・・きっかけがあったわけでして・・・。普段、お皿の上のサラダを端っこに寄せてしまい、そして大好きなハムと卵のみ口にほおばる。

 

これ、子供ならよくある行動ですが、うちの場合は違います。子供たちはきちんと完食し、そして学校へ。では・・・だれがこんなことをしているかというと、旦那です・・・。うちの旦那、今では青汁をぐびぐび飲んでいますが、実は野菜が大の苦手なんです。私と結婚してから、キャベツの千切りやホウレン草のお浸しくらいは食べれるようになったものの、私や子供たちが大好きなベビーリーフやトマト・ブロッコリーは全く口にせず、逃げるように居なくなってしまいます。

 

なぜそのようになったかというと・・・幼少期、旦那の両親は共働きで忙しく、朝食以外は一人で食べる生活を送っていたそうです。主に冷凍食品を温めてたべていたそうです。なので、おふくろの味は冷凍食品なんです。そんな旦那ももうすぐ37歳。こんな怪しい食生活でも、健康診断では中性脂肪値が高めと指摘されるくらいで、再受診をすすめられることは無くきていました。

 

が・・・まさかの糖尿病の疑いありの指摘が・・・。こうなると食生活の見直しが必要になってきます。「がんばって野菜をたべようね!」と声をかけたときの返事はいいのですが・・・実際野菜を目の前にすると目を背けてしまうのです。そこで、私の母に相談をすることに。すると、「青汁を飲ませてみたらどうかな?昔と違って飲みやすいって友達がいっていたわよ」と、教えてくれました。

 

さっそく進めてみると・・・緑の色に圧倒されてしまい硬直。するも、匂いを嗅いでみると特に気になるような匂いは無し。「体の為だよ」そう声をかけてみると、グビグビと飲んでくれました。それも一気!そして一言「あ!うまいぞこれ!!」と意外と美味しくのめたと大喜び。野菜は苦手だけど、これは口にできるという喜びから、子供たちの前で得意げに口にするようになりました。

 

毎日飲んで、来年の健康診断ではいい結果になるといいね、継続は力なりで、美味しく飲んでいますよ

スムージーと、ときどき青汁

女性

私はスムージーにハマっている。が、しかし毎日自家製を飲むのは、材料費や野菜果物を刻む手間を考えると、億劫な時もありさぼりガチ。そんな時に、コンビニのストロー付き200gの美味しいスムージーに出会い、味の種類か豊富な事もあり、自家製からコンビニに切り替えた。

 

ただ、もう少し経済的に食物繊維やビタミンを撮る事が出来ないかと思っていた矢先、ドラッグストアで大麦若葉がメインの青汁に出会った。こんな短期間に2度も美味しい出会いがあるとは…。それは、便利な分包タイプで1包3g・食物繊維に加えカルシウム、鉄、ミネラルが摂取できる・無添加・無着色。パッケージ記載の文字に惹かれ試してみようと決めた。

 

きっかけは、店頭で偶然見つけた事にある。また、そのパッケージには青汁のおいしい召し上がり方も、分かりやすく載せている。@リンゴジュースに入れる A牛乳に入れ青汁・オ・レ Bバニラアイスにふりかける と、いう3パターン。私は、いつも青汁・オ・レを作って飲んでいる。一番の効果は、健康的な立派なウンチが出る事だ。

 

元々、便通は良い方だったがゆるめの便が多かったし、腹痛を伴う事もあった。それが青汁効果なのか、人にも誇れるぐらいの理想の形と色のウンチが出るようになったのだ!!喉越しはスムージーほどの爽快感は無いものの、苦味を抑えた抹茶風味の甘さが上品で気に入っている。原産国名が中国なのが、少々気がかりではあるが、まだまだ美味しい飲み方や食べ方を研究する楽しみがある。

 

コンビニとドラッグストアでの出会いの合わせ技で、いっその事スムージーに青汁1包をミックスするという贅沢な飲み方もあるし、果物だけの自家製スムージーに野菜の代わりに青汁1包を入れるという方法もある。結局は、スムージーにハマっている事に間違いないが、簡単手軽な青汁がある安心感は、私の腸活を支えている

 

継続することが一番の課題だったが、ひと昔前より味が格段に美味しくなっているので、習慣になりつつある。継続する事で、まだよりよい効果が得られる事を楽しみにしている。